借金の取り立てとは?

消費者金融などでお金を借りすぎてしまい、どうしても返済できなくなってしまった場合、気になるのは借金の取り立てではないでしょうか。借金の取り立てのイメージは暴力的な行為を行われたり、夜間など不適切な時間帯に押し掛ける、勤務先に押し掛けて迷惑をかけるという行為かもしれません。

 

実は借金の取り立てといっても一定のルールがあり、違法な取り立てをされた場合には警察や弁護士に相談するとやめてもらうこともできますので、それほど心配する必要はありません。

 

借金の取り立ては本当にあるの?その方法について

借金の取り立てには一定のルールがありますので、近年は違法な取り立てを行う業者も減少しています。ただ中にはそうしたルールを守らない違法業者もあり、深夜や早朝に訪問したり、威圧的な態度をとる、債務者や連帯保証人以外の人間に対して返済を迫るなどの行為をとる場合があります。

 

現在の法律では取り立てを行う時間帯は「午後9時〜午前8時」までの間は禁止されていますし、債務者や連帯保証人以外は返済の義務もありませんので、これらの行為は違法だといえます。

 

借金を滞納し続けてしまった場合、いきなり自宅に取り立てがくることはなく、まずはローン会社から電話がかかってきます。この時にしっかりと対応をしすぐに返済を行えばそれほど問題はありません。

 

ただし、この電話連絡を無視し続けたり、返済日にお金を用意できずに時間が経過するとローン会社から督促状が送られてきます。それも無視すると簡易裁判所から内容証明郵便が届き最悪懲役も覚悟しなくてはいけなくなってしまいます。

 

借金の取り立てを無視し続けるとどうなる?

借りたお金はきちんと返済計画を立てて、しっかりと返済する必要がありますが、どうしても返済が難しくなった場合には連絡をいれて誠意をもって対応する必要があります。

 

もしローン会社からの電話や督促状などを無視し続けてしまうと裁判所に出廷をしないといけなくなってしまう可能性もでてきますから、早期に誠実に対応をして、きちんと返済を行うことが大事です。借金の取り立てについては法律で厳しく定められていますし、違法行為があれば業務の停止や実刑判決を受ける場合もあります。

 

ただし気をつけなければいけないことは、貸金業法に違反している悪徳な業者は法律を無視して違法な取り立てを行っていますから、お金を借りる場合には借り入れ先の信用度をしっかりと確かめることが大切です。

 

特に要注意なのが「闇金」で、闇金はそもそも法律を無視した違法業者になりますので、裁判所の言うことなんて聞きません。ですから闇金には絶対に手を出さないようにしてください。

 

借金の取り立ての相談はどこにするべき?

悪質な取り立てを止めたい場合、任意整理の依頼を弁護士や司法書士に相談するというのがもっとも有効な方法です。任意整理をすると借金の督促はストップしますし、借金額の減額や縮小・将来利息のカットなどが交渉によって実現可能です。

 

また、一括請求されている場合なども、長期返済が可能となって精神的にも安心感を得ることができます。任意整理以外にも自己破産という方法もありますから、どうしても返済ができず借金の取り立てに悩んでいる場合には、弁護士や司法書士に相談してみるとよいでしょう。