専業主婦がお金を借りる場合は「配偶者貸付制度」を利用する

専業主婦は基本的に収入がないので、消費者金融などの貸金業者ではお金を借りることができません。しかし、「配偶者貸付制度」を利用することで借入可能になります。配偶者貸付は夫婦の年収を合算して3分の1以内にすることで利用できますが、すべての貸金業者が行っているわけではありません。

 

基本的に大手消費者金融のキャッシングはコストがかかるために受け付けていない野ですが、一部の中小消費者金融やクレジットカード会社などで対応している場合があります。

 

総量規制対象外の配偶者貸付制度とは?

基本的に消費者金融のキャッシングは総量規制対象になりますが、銀行カードローンの場合は対象にならないため利用希望額を年収に関係なく増やせます。配偶者貸付制度の場合も同様に適用となり、銀行カードローンは総量規制対象外で利用できることが特徴です。

 

専業主婦は年収が0円のため一部で配偶者貸付制度が適用されますが、消費者金融と違って年収によって借入上限額が設けられることがなく多く設定することができます。銀行カードローンは大手になると配偶者貸付制度は適用されないため、主婦向けカードローンを探す必要があります。

 

ただし、主婦向けカードローンは消費者金融のため利用するにはパートやアルバイトで安定収入を確保するしかないです。独身時代に作ったクレジットカードのキャッシング枠があれば審査なしでお金を借りることができます。

 

銀行カードローンは「総量規制の対象外」だから専業主婦でもお金を借りれる

銀行カードローンは総量規制対象外のため専業主婦でも利用でき、配偶者の同意がなくても借入可能です。基本的に専業主婦は収入なしのため貸金業者の総量規制の法律によって使えませんが、銀行は含まれていないため申し込めます。

 

銀行カードローンを利用できる条件は配偶者に安定した収入があることで、自身に収入がなくても利用できて便利です。収入はあくまでも給与や年金、恩給、年間の事業所得、不動産の賃貸収入などが該当し、ギャンブルでの一時的な収入は対象外になります。

 

専業主婦が銀行カードローンを利用できる理由は配偶者に返済してもらうことを担保とするからになります。しかも収入証明書が不要なため内緒で申し込むこともできて便利です。

 

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りるためには配偶者の同意が必要?

専業主婦が銀行カードローンでお金を借りる時は配偶者貸付できるカードローンではなく、配偶者の同意がなくても利用できることが特徴です。専業主婦が夫に内緒で銀行カードローンを利用することは可能ですが、バレると不都合なことにならないようネットで明細を確認することや滞納をしないようにする必要があります。

 

銀行カードローンは配偶者に分からないままお金を借りれてとても便利ですが、万が一支払えなくなった場合にリスクを伴うため注意が必要です。