クレジットカードでお金を借りることは可能?

クレジットカードでお金を借りることは可能ですが、所有しているクレジットカードの種類によって異なります。レジットカードを作った時にキャッシング機能を付けているのであれば、審査なしでその日にでもお金を借りることができます。

 

お金の借りる方法は銀行や郵便局のATMやコンビ二のキャッシュディスペンサーを利用すれば、それぞれの限度額内でお金を引き出すことができます。クレジットカードにキャッシング機能を付けていない場合はサポートセンターに問い合わせをして審査してもらう必要があります。

 

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りるには、キャッシングシステムを利用します。借りれる限度額は人それぞれ異なり、クレジットカードの契約時の内容によって変わります。銀行のATMやコンビ二のATMを使って、お金を借りる事ことができます。

 

返済方法はリボ払いや分割払いや一括払いなどがありますが、クレジットカードの契約をした時にキャッシング枠の契約もしているはずなので確認が必要です。また、当然ですが、クレジットカードでお金を借りる場合には利子がつきます。

 

翌日の返済時から借り入れ額に利子がついたものを返済していくことになります。また、限度額を超えてしまうと、お金を借りることが出来なくなるので、借り入れと返済のバランスが大切になってきます。

 

クレジットカードのキャッシング枠がない場合の対処法

クレジットカードでキャッシング枠がない場合はお金を借りることができません。このような場合はサポートセンターへ問い合わせ(電話もしくはクレジットカードの公式HPより問い合わせも可能)をして、キャッシング枠を設けてもらう必要があります。

 

キャッシング枠を設けてもらうためには審査が必要で、審査の主な項目は年収や勤続年数、他社での利用実績などになります。ちなみにですが、無職やアドバイトだとキャッシング枠の審査に通らないことがあります。

 

そのような時は学生であれば、親、配偶者に安定した収入がある場合は配偶者の名義でキャッシング枠を設けてもらうことができる場合もあります。審査に通り、通知が来た時点でキャッシング枠が利用できます。

 

クレジットカードのキャッシング枠の借入限度額はどれぐらい?

クレジットカードのキャッシング枠は通常、10万円〜50万円までが一般的だと言われています。しかし、それ以上の額に増額をしたい場合は、それなりに審査が必要となります。

 

年収別限度額の目安としては、200万円台の年収の場合は20万円〜80万円。300万台の年収の場合は30万円〜100万円。400万円台の年収の場合は50万円〜150万円。年収が500万台の場合は50万円〜200万円。年収が1千万を超える場合は個別設定というのが相場になります。