消費者金融と銀行のカードローンとは?

カードローンは基本的に銀行と消費者金融会社があり、一時的に現金を借りて様々な目的で使えて便利です。利用する時は審査があるため条件を満たすことが求められ、事前に確認してから申し込む必要があります。

 

審査の内容は基本的に個人信用情報の照会や勤務先への在籍確認で、申込書に虚偽の内容を記入しないようにすることが大事です。返済すべき金額はただ単に借りた金額をそのまま返すことだけでなく、残高に応じて利息がかかるため仕組みを把握することが求められます。

 

消費者金融と銀行のカードローンの違い

基本的に銀行と消費者金融会社があり、違いは利用可能額と金利で上限と下限を確かめて申し込む必要があります。基本的に消費者金融系は審査結果が出るまで時間が短いですが、金利が高めで利用可能額が少ないことがデメリットです。

 

銀行は審査にかかる時間が長く急にお金が必要な場合に対処できないものの、低金利で利用可能額が多いなどメリットがあります。利用する時はそれぞれの違いを把握し、滞納をせずに計画的に使うことが大事です。

 

他にも消費者金融系は総量規制があり、複数の金融機関から借りる時は年収の3分の1を超えないようにすることが求められます。消費者金融系は審査結果が出るまで時間がかからなくて即日融資ができ、急に現金が必要な場合にも対処できることがメリットです。

 

金利は利用可能額に応じて変動し、少なければ必然的に上限の数値を採用されるため比較する際に確認する必要があります。返済方法は金利が上がると利息が増えやすく、少しでも残高を減らせるよう計画を立ててから決めることが大事です。

 

消費者金融会社と銀行のカードローンの違いは審査にかかる時間や金利、利用可能額だけでなく、総量規制などもあるため最適な方法を選ぶ必要があります。

 

即日融資に対応しているのはどっち?

急に現金が必要な場合は即日融資をすると乗り切れますが、カードローンになると消費者金融会社しか対応していないため注意が必要です。銀行の場合は少なくても審査結果が出るまで2週間程度かかり、基準が上がるために緊急の場合には対応できないなど制限されます。

 

即日融資は審査結果が出るまでに時間がかからないと考えがちですが、土日などに申し込む際には次の営業日になる傾向が強いです。申込方法はインターネットを使うと夜間でもできて翌日に結果が出ることもあり、本人確認書類を準備して借りれる状態にすると乗り切れます。

 

消費者金融会社は銀行より利用可能額が少なく金利が高めですが、緊急の事態にも対処できすぐに返済すると効果的です。

 

審査が厳しいのはどっち?

カードローンの審査は利用するために必ず通らないといけませんが、そのためには条件を満たす必要があります。

 

基本的に消費者金融会社よりも銀行のほうが低金利で利用可能額が多くなりますが、確実に返済ができる能力があることを確かめるため基準が上がる傾向が強いです。

 

審査は個人信用情報の照会や勤務先への在籍確認が基本ですが、銀行の場合は勤続年数や居住環境などの要素も判定基準として扱います。基本的に利用可能額が増えると金利が低くなるため確実性を求める傾向があり、必然的に審査が厳しくなることが特徴です。

 

審査が甘い消費者金融会社の場合でもブラックリスト入りすれば通らないため、滞納履歴が記録されることや収入が不安定な状況では利用ができなくなります。

 

保証人や担保は必要?

カードローンは銀行も消費者金融も保証人や担保が不要で、他人に依頼せずに内緒で申し込んで利用することもできます。担保不要で融資をする理由は自社で保証会社としての機能があり、審査を行う際に収入が安定し約束通りに支払える能力があることを調査していることが特徴です。

 

基本的にカードローンは不動産や自動車など大口の融資にならなくて貸し倒れ額が少なく、金融機関が受けるダメージが少なく申し込みやすくするために設定しない傾向があります。

 

金利はどっちが高い?

カードローンを利用する時は金利が上がると残高に応じて利息が増える仕組みになり、なるべく低くなるように選ぶとお得になります。金利は利用可能額に応じて変動し、少ないと上限の数値が採用され多くなれば下限になりますが実際に適用されることは少ないです。

 

申し込む時は利用可能額をさほど多くしないため上限金利を比較して決める方法が望ましく、なるべく低くなるように決めると利息を減らせます。金利は幅がありますが銀行は消費者金融会社よりも低くなりますが、審査にかかる時間が長く基準が上がる傾向が強いです。

 

金利は利用可能額を増やすと低くなるため便利だと思われがちですが、実際には上限金利を採用される金額になることが多くなります。

 

学生や主婦でも借りれる?

カードローンは学生や主婦でも定期的な収入があればできますが、勤務先への在籍確認があるためアルバイトやパートなどをすることが求められます。

 

銀行の場合は難しいですが消費者金融会社であれば収入さえあれば利用できますが、未成年者は親権者の同意が必要なため話し合って了承してもらうことが必要です。

 

学生,主婦の場合は利用可能額は少なくなり金利が高くなるため、利息が増えないように仕組みを把握して計画的に利用する必要があります。